スポンサーサイト

  • 2014.04.30 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    苗場2回目(日帰り)

    • 2006.03.21 Tuesday
    • 01:45
    今朝、9時ちょっと前に目が覚めた。急いで支度して家を出発。
    今シーズン初の夫婦水入らずのスキーなので楽しみ
    なんて思っていたら関越をおりて一般道を走っているとき、地元の車がヒョロヒョロ〜っと飛び出てきた。ダンナが咄嗟にハンドルをきってガードレールすれすれで止まり、相手の車との間に拳1つ入るか入らないかだった 危うく接触事故になりそうだったわ
    そんなアクシデントもあったけどどうにか苗場スキー場に到着。
    いちおう晴れていたけど風が強く時折突風が吹くという天候。とりあえず1本滑ってすぐお昼ごはん。着いた時間がお昼過ぎてたからおなかが空いていたんだよね
    なのでガッツリとポークソテー食べた。後のことを考えていたわけではないけどこれが正解だった。
    食後滑り始めるも強風のため動いているリフトは全体の半分以下。そしてゲレンデはどこもガリッガリ で、所々に昨日積もった雪があって、いきなりブレーキが掛かったりしてちょっと大変。
    風が強くて雲が次から次へと流れていく↓

    お昼をガッツリしっかり食べたのにもかかわらず、寒い中いっぱい滑ってちょっと疲れたので休憩。やはり疲れたときは甘いものということでキットカットをダンナと食べしばし休憩。
    休憩終了後、外に出て撮影↓天気は相変わらず…。

    午後券+ナイター券を買ったから時間を気にせずガンガン滑りまくり。この時期にしては珍しく滑りやすくなっていて、リフトで5分かけて登って、1分前後で滑ってくるを数時間繰り返してた さすがに日が沈んでからどんどん寒くなり、手足が冷えてきて19時半に切り上げた。体が冷えなければもうちょっと滑りたかったな

    今日は平日だったから人が少なかったし、寒さで雪は溶けなかったし本当に滑りやすかった〜。帰りは交通費をちょっとケチって三芳SAで1時間弱仮眠してETC割引を利用。なので家に帰ったら1時をすぎてしまった でも、楽しいスキーだったな

    上越国際2回目(日帰り)

    • 2006.03.04 Saturday
    • 23:07
    今回もSally夫妻と一緒に行ってきました。
    家を深夜に出発し、塩沢石打ICで車中泊。そのためスキー場がオープンしてすぐに滑り始めることができた 朝イチは雪質も良く、人も少ないし、天気にも恵まれてサイコー!!
    そして↓眺めもサイコー!! 右下に写っている後ろ姿の女性がSallyちゃん

    おしるこ茶屋で休憩するまで移動、移動、滑るというカンジ。ここまではゲレンデコンディション(雪質や混み具合)が良かったからまだ良かった。休憩した時間が11時頃だったからまわりの人たちは昼ご飯をうまそうに食べてるもんだから、目や鼻から刺激を受けたダンナは空腹のピークに。でも後ろ髪を引かれつつも昼ご飯は食べずに違うレストランに移動開始。これが裏目に…
    ゲレンデコンディションは悪くなるし、行ったレストランは激混み 待っていてもらちがあかないから結局他のレストランに移動。今回は運悪く何も食べ物を持たなかったせいでダンナはかなりイライラ
    そんなイライラしているダンナも↓この雪だるまで少しは心が和んだかな…

    どうにかレストランに着いたら、もう14時をまわってた みんなお腹が減っていたのか全員テーブルに着いたら同じものを注文してて笑えた。ガッツリとハンバーグとエビフライとフライドポテトを食べちゃったよ。←大人番お子様ランチみたいだった
    食後からラストまで自由行動。
    下の方に行けば行くほど雪がグズグズ ついでにガリガリとグズグズが入り乱れてたりするから、グズグズのところでいきなり減速してつんのめりそうになるし…とブーブー言うわりに結構楽しんでたりする
    それにしても帰りの運転はめちゃくちゃ眠くて辛かった こんなの久々。
    もう車中泊の日帰りは体力的に無理だわ。はぁ、老いたなぁ

    志賀高原2回目(半泊)

    • 2006.02.26 Sunday
    • 00:56
    ぐっすり布団で寝て目が覚めたら外は超快晴 最近天気に恵まれていて嬉しい

    今回のスタートは高天ヶ原マンモススキー場
    リフト20(高天ヶ原クワッド)に乗り、高天ヶ原からタンネの森オコジョスキー場を横切り一の瀬ファミリースキー場へ一気に移動。
    リフトを降りたところから撮影↓天気も景色もサイコー!!


    一の瀬ファミリースキー場
    リフト23(一の瀬クワッド)に乗り、Sally夫婦は天狗コース、うちら夫婦はパノラマコースを滑り、一の瀬ダイヤモンドスキー場へ移動。

    一の瀬ダイヤモンドスキー場、一の瀬山の神スキー場
    ドラえもんリフト30(一の瀬ダイヤモンドクワッド)に乗り、そのまま一の瀬山の神スキー場に移動して一の瀬山の神ゲレンデを滑り、焼額山スキー場へ移動。
    ←これは一の瀬ダイヤモンドクワッドのりばのドラえもん

    焼額山スキー場
    リフト38(焼額山第1高速)に乗り、サウスコースを滑って志賀高原プリンスホテル南館前へ。
    ゴンドラ37(焼額山第2ゴンドラ)に乗り、パノラマアウトコース→白樺コースを滑る。
    パノラマアウトコースの最初の撮影ポイントから↓



    途中危険人物発見
    ダンナであります…
    パノラマアウトコースの2番目の撮影ポイントから↓

    またリフト38(焼額山第1高速)に乗り、白樺コース滑り、またまたリフト38(焼額山第1高速)に乗り、白樺コース→ブナコースを滑って志賀高原プリンスホテル西館前へ。ここでトイレ休憩。
    そのままちょっと歩いて一の瀬山の神スキー場に移動。

    一の瀬山の神スキー場、一の瀬ダイヤモンドスキー場
    リフト32(一の瀬山の神第2)に乗り、一の瀬ダイヤモンドへ移動。
    リフト30(一の瀬ダイヤモンドクワッド)に乗り、ダイヤモンドゲレンデを2本滑り、動く歩道を使って一の瀬ファミリースキー場へ移動。

    一の瀬ファミリースキー場
    リフト24(一の瀬第2ペアA線)に乗り、一の瀬ファミリー正面ゲレンデを滑ってお昼休憩。
    お昼はエスニックレストランかもしか(ホテルジャパン志賀)で恒例のカレーバイキング。志賀高原に来たときはほとんど毎回食べている。で、毎回食べ過ぎてしまう…
    カレーを食べた後は場所をかえて変えてリフト26(一の瀬第3クワッド)のりばの下でしばし休憩。
    休憩後はリフト26(一の瀬第3クワッド)に乗り、寺子屋スキー場へ移動。

    寺子屋スキー場
    チョッパーリフト33(寺子屋クワッド)に乗り、Eternalコースを滑る。
    リフト34(寺子屋第1ペア)に乗り、東舘山スキー場へ移動。
    ←これは寺子屋第1ペアのりばのチョッパー

    東舘山スキー場
    東舘山林間コースを滑り、東舘山オリンピックコースは滑らず迂回コースを選択。いつもは迂回せず滑るか、迂回コースの途中から出てきてしまうところを全て迂回したら最期は細い登り坂 とりあえず頑張りながら発哺ブナ平スキー場へ移動。
    先に登り切っていた私は雪だるまを作って遊んでいた。
    ←これがその雪だるま。
    そしてこの雪だるまは休憩先まで連れて行ったのだった。で、休憩後は置き去り

    発哺ブナ平スキー場
    ブナ平ゲレンデを滑り、ホテル志賀アスペンで休憩。
    ここはアップルパイが有名らしいけど、さすがにお腹が空いて無くて断念
    林檎ジュースは中ジョッキで、アップルパイも結構大きめ。
    やめておいて正解だったみたい…。
    休憩した場所からちょっと歩いて西館山スキー場へ移動。

    西館山スキー場
    リフト17(西館山クワッド)、リフト18(西館第1フーディクワッド)に乗り、西館山高天ヶ原側ゲレンデを滑り、高天ヶ原マンモススキー場へ移動。

    高天ヶ原マンモススキー場
    リフト20(高天ヶ原クワッド)に乗り、タンネの森オコジョスキー場へ移動。

    タンネの森オコジョスキー場
    リフト28(一の瀬第8クワッド)に乗り、木の間をぬうように滑ってまたリフト28(一の瀬第8クワッド)に乗り、一の瀬ファミリースキー場へ移動。

    一の瀬ファミリースキー場
    リフト23(一の瀬クワッド)に乗り、パノラマコースを滑る。
    リフト25(一の瀬第2ペアB線)に乗り、一の瀬ファミリー正面ゲレンデを2本滑り、リフト26(一の瀬第3クワッド)に乗って高天ヶ原マンモススキー場へ戻る。

    高天ヶ原マンモススキー場
    トトロ←これはリフト21B(高天ヶ原第2ペア)のそばにあったかまくら。かまくらの側面にはトトロが…。
    このかまくら入口の直径が1m以下(たぶん子供向け)。なのに私ったら板を履いたまま滑って中に入って、1人じゃ出られなくなった
    ダンナに助けを求めたら、「板をはずせよ」と突っ込まれた


    滑ったあとは温泉でさっぱり汗を流した。日焼け止めをキレイさっぱり落とすと気持ちいい。
    18時半過ぎ頃に志賀高原を出発した。
    帰りに道の駅に寄って林檎や野菜を買いたいと思ってたけど、道の駅の前を通るころはとっくに閉まった後だった
    信州に来たからには蕎麦を食わなきゃということで、夜ごはんは蕎麦。
    そば出している店はみつかるけど、そば屋がなかなか見つからない。諦めムードになっていたら信州中野ICの手前にそば屋発見!!
    善八という店でお店で蕎麦を打っていて正真正銘のそば屋。
    時間も20時ちょい前だったからお店が開いていてラッキーだったわ。

    かなり凝縮されたスキーでさすがに疲れた。
    上里SAに寄った後私は爆睡、ダンナはあまり記憶が無かったそうだ
    Sallyちゃん夫婦は怖い思いをしてたのでは…

    志賀高原へ出発

    • 2006.02.24 Friday
    • 21:53
    今回のスキーは温泉に入ってこようと思い、昨日の夜志賀高原の温泉を調べていてたら半泊できる宿があった。そのことを今日ダンナが家に帰ってきてから話すとかなり乗り気
    急いでSallyちゃんに連絡を取ったら、Sallyちゃんも乗り気
    急遽ホテルに連絡したら難なく予約できて、何時に到着しようがOK。フロントには誰も人がいないからそのまま指定された部屋に行けばいいらしい。温泉も24時間入浴可能で、ゆっくり布団で寝れるし、朝食もつけたので暖かいものが食べられる
    日帰りスキーではなくちょっとした旅行気分。
    そんじゃ行ってきまーす

    菅平(日帰り)

    • 2006.02.19 Sunday
    • 23:40
    ついに休みが取れたダンナとSallyちゃん夫婦とスキーに行ってきました。
    今回行ったのは菅平高原スキー場
    晴れていて風もなく絶好のスキー日和 滑っていると汗ばむくらい
    毎回来る度、太郎山の山頂に大きな雪像(今までニモやおじゃる丸などがあった)があるので、今年は何かなぁと見に行ってみるとワンピースのチョッパーだった。はじめ角が無かったからチョッパーとわかるまでに時間がかかったけどね


    天気が良いので遠くの北アルプスまで見えた


    そして天気が良く風もないのでヘリスキーのヘリコプターはお客の輸送で大忙し。山頂と麓のヘリポートをひっきりなしに往復してた。一度はやってみたいなヘリスキー ↓オレンジ色のがヘリ。


    チョッパーとはまたちがう場所にスヌーピーを発見


    いやー今回は良く滑った。
    スキー場には8時半頃到着したので、9時から滑りはじめ16時半まで目一杯滑っていた。
    Sallyちゃんの旦那さんが先々週よりもさらに上達していて、スピードが急激にアップしていたのにはかなり驚かされた。こうなってくるとおもしろくてたまらないんだよね〜
    あぁ私ももっともっと上達したーい。自分がどう滑っているか気になるから、次回はデジカメのムービーで滑っているところを撮ってもらおうっと。

    苗場(日帰り)

    • 2006.02.05 Sunday
    • 23:59
    仕事に行くダンナと一緒に家を5時に出発。
    ちなみに今日スキーに行くためダンナには土曜日帰ってきてもらった。
    Sallyちゃんと旦那さんを拾い、Sallyちゃん友達を拾って苗場へGO!
    渋滞もなく高速は快調にとばすが、さすがに三国峠は道路に雪が積もっていて(凍っている箇所も多々)途中もの凄い風で雪が舞い視界ゼロになりかなり焦った
    そんなアクシデントもあったけどチェーンをつけずに登り切り、9時頃無事スキー場に到着。
    女性陣3人は車の中で着替え、その間旦那さんは雪の降る外で待っていた。すみません…
    9時半頃からホテル前ゲレンデの左側から滑りはじめる。
    徐々に右側に移動しながら滑るが、雪が降り風がビュービュー吹く中リフトに乗っている時間が長いせいでカラダが冷えきってしまう。
    昼まで火打ゲレンデで数本滑る。
    おかげでカラダも暖まる。
    ここのゲレンデでへっぽこスキーヤーの私がプチレッスンなんぞしてみました
    教わる人が優秀だったのでホントに助かった。
    お昼を食べて休憩して、13時半頃から火打ゲレンデのホントにいちばん端っこのスキーヤー専用ゲレンデまで行く。
    人がいなくて本当にプライベート感がたっぷりだった。
    右端まできたのであとは左に移動しながら戻るだけ。
    気がつけば15時なので休憩ターイム。
    適度に休憩しないとケガに繋がるからね。
    体力が衰えているのでさすがに無茶はできません。

    休憩後外に出るとしたら天候がちょっとマシに

    17時までラストスパートでガンガン滑る。
    滑っている間は楽しくて疲れを感じていなかったけど、着替えている最中疲れが腰にきてた
    そんな状態でも運転をするのは全く苦ではなく、逆に楽しんでいた。
    が、月夜野ICから関越にのったら渋滞の真っ直中に入ってしまった
    ↑ちゃんとナビで確認しろよ…。
    そんなこんなで全員を送り届けた時点で23時をまわっていた。
    私以外は次の日お仕事なのに本当にお疲れさまでした。

    最近気付いたんだけど、自分が楽しいと思っていると疲れを感じなくてとことん頑張れちゃう。
    いわゆるハイになってる。
    これって結構ヤバイ?!

    上越国際(日帰り)

    • 2006.01.21 Saturday
    • 22:59
    女4人(Sallyちゃん、Nちゃん、Sちゃん、私)で日帰りスキーに行ってきました
    社会人1,2年の頃は職場の人(女性)とよく日帰りスキーに行ってたけど、結婚してからはダンナ抜きで女性だけってのは初めてなので若かりし頃に戻ったかのようにワクワクしてしまった。
    5時過ぎ自宅を出発。その時点で雪
    私以外の3人を拾い、いざスキー場へ。
    が、まさか関東ででこんな雪に降られると思わなかった。
    そのせいなのか関越で玉突き事故があり、その脇を通りながらみんなで「ウワーッ」と言っていた。
    それほど大きな渋滞もなかったので予想してた時間よりも早く着くことができた。私がかっ飛ばして運転していたのかも…。
    スキー場は超快晴。
    所々雪崩の危険がありコースが閉鎖されていた。
    残念と思ったけど閉鎖されているところは斜面に亀裂が入って土が見えていたから、どう考えても滑れない。ホントに危険(コース以外のあちこちで亀裂や地面が見えるところがあったし)。それでも、いろんなコースを滑り楽しんだ。
    展望台は本当に360度大パノラマ。
    景色の良さが小さすぎてよくわからないかも…
    今シーズンのスキーは晴れ続きでついてるな。


    リフトのりばの脇にこんなものを発見↓

    雪だるまのかまくら この人誰?

    16時半頃にあがって、17時頃スキー場を後にした。
    帰りも渋滞らしい渋滞もなくスムーズで、埼玉に入ってしばらくすると道路脇に雪が積もっていることに驚いた。練馬I.Cで一般道におりてもっとビックリ!!関東ではこんなに雪が降っていたのか…。家に帰るまで2件の事故現場に遭遇。私はというと雪国に行ってきたわけだしスタッドレスなので余裕で運転。都内は雪道に慣れてないドライバーがウヨウヨいるので巻き添えをくうのが恐い。でも、みんなを無事送り届け帰ってくることができました。
    さて、次回はどこに行こうかな…。

    ベストショット

    • 2006.01.01 Sunday
    • 23:50
    焼額山スキー場にて

    志賀高原2日目

    • 2006.01.01 Sunday
    • 21:26
    元旦から快晴で眺め抜群。
    滑っていて気持ちよかった
    滑ったコースなどのメモと写真をちょっと紹介。

    タンネの森一の瀬第8クワッド→一の瀬ファミリー→一の瀬ダイヤモンドへ
    一の瀬ダイヤモンド一の瀬ダイヤモンドクワッド→一の瀬山の神→焼額山へ
    焼額山第2高速連絡コース→焼額山第2高速 サウスナイターコース→焼額山第2ゴンドラ パノラマアウトコース→唐松コース→


    ゴンドラを降りて焼額山山頂?(たぶん)から 正面に見えるのがパノラマアウトコース


    パノラマアウトコ−ス途中の撮影ポイントから

    焼額山第2高速 唐松コース→一の瀬山の神へ


    焼額山第2高速リフトの中間ぐらいから山頂方面を撮影


    焼額山第2高速リフトの降り場手前からリフトのりば方面を撮影

    一の瀬山の神一の瀬山の神第2→一の瀬ダイヤモンドへ
    一の瀬ダイヤモンドモンキーコース→一の瀬ダイヤモンドクワッド→一の瀬ダイヤモンドトリプル→一の瀬ファミリーへ
    一の瀬ファミリー一の瀬クワッド→寺子屋へ
    寺子屋寺子屋クワッド→philosophyコース


    寺子屋クワッドを下りたところから 正面に見える小屋が東舘山山頂

    レストハウス寺子屋でお昼ごはん
    寺子屋クワッドLIPSコース→寺子屋第1ペア→東舘山へ
    東舘山林間コース→オリンピックコース→東舘山ゴンドラ→高天ヶ原へ
    高天ヶ原クワッド→タンネの森へ
    タンネの森宿のレストランで休憩
    一の瀬第8クワッドが止まる16時50までガンガン滑り続ける。

    今回のスキーはあまり滑らなかったほう。だけど、滑ったところを書き出してみるといろんなところを滑っているんだなぁと実感。
    今シーズン、もう1回ぐらいは志賀高原に行きなぁ。

    興味がある人は志賀高原観光協会のホームページでゲレンデマップが見れます。→こちら

    快晴

    • 2006.01.01 Sunday
    • 15:16

    めちゃめちゃ天気でガンガン滑ってま〜す。
    たのすぃ(*^_^*)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    いくつになったの


    *script by KT*

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM